豊富な種類の土、釉薬類

 使用できる土は、赤土、白土、黒土など全部で20種類以上、釉薬もオリジナル釉薬をはじめ、40種類以上と豊富に揃えています。

  1. 使用出来る土の種類

     栗山窯陶芸教室では、白土系5種類以上、赤土10種類以上、その他黒土やオリジナルの白化粧をすると御本手が出る土、透明釉をかけるとピンク色になる土など、他では使えないような土も揃えています。
     使用している土は、安価で面白みのない土ではなくて、全ての土が厳選されたプロ作家が使っている土です。したがって、お店の店頭や陶芸紙に載っている作品と同レベルの作品が作れるということです。

  2. 釉薬の種類は40種類以上

     基本的な透明釉、白マット釉、黄瀬戸釉、織部釉を初めとして、栗山窯で作っているオリジナルの釉薬や特殊な釉薬まで各種取りそろえています。
     もちろん、栗山窯のオリジナル釉薬も全て使うことが出来ます。教室用、市販用という区別がありませんので、オリジナルの貴重な釉薬や、独特の雰囲気の藁灰釉やワラ白釉、発色が難しいために、他の教室では滅多に扱われない月白釉や鈞窯釉など、全て使用することが出来ます。
    詳しくは、こちらをご覧ください。

  3. 焼成方法も多彩

     焼成方法は、酸化焼成、還元焼成は当然として、炭化焼成や還元冷却焼成などの新しい焼成方法も楽しめます。特に、還元冷却焼成は、灯油窯と松材を使った本格的な炭化焼成を行っているので全く違った雰囲気の作品を作ることができます。

  4. 楽焼も焼けます。

     本格的な茶陶で使う楽焼も焼くことが出来ます。特に、黒楽は現在では入手不可能な加茂川石を使った正真正銘の黒楽茶碗を作ることが出来ます。
     もちろん、楽茶碗のように特殊な造り方は、他の教室で教わる出来ませんが、講師が楽焼作家ということもあり、楽茶碗の作り方の全てのノウハウをお教えします。